ABOUT 組織概要

私たちは社会的課題の発掘から解決、さらには確かな技術力と独自の研究スキームで、新しい仕組み、価値観を創造します。

Smart Society Center [ スマートソサエティセンター ] は、都市における各種のICTを駆使したインフラストラクチャーをはじめ、電通グループの膨大なナレッジが活きたさまざまなソリューションを、産・官・学とも連携し、民間・行政を問わずに提供するイノベーションパートナーです。
さまざまなアプローチで課題を明らかにし、独自の研究開発スキームと確かな技術力で近い将来に求められるソリューションを社会実装し、ひいては新しい住民体験、コミュニケーションを創造することが私たちのミッションです。

この20年における急速な情報技術の発展により得たその膨大な情報は、その蓄積量をもってビッグデータと呼ばれるようになり、それらをAIなどを活用し分析することで一つの社会・都市を俯瞰できるまでになりました。
これは課題先進国としての社会的課題をより顕在化し、新しい街づくりを想い描くきっかけとなり、それが昨今取り沙汰されるスマートシティというヴィジョンに繋がっているのかと考えます。

スマートシティはCPS(Cyber Physical System)などを通して、街のあらゆる情報を収集・分析し、そのフィードバックによる各種サービスやインフラストラクチャーの最適化を促すことで、生活者の安全性・快適性の向上を目指すものでした。
しかしながら、一方的なデジタル化は住民を困惑させることもあります。
そのため私たちはもう一歩、人に寄り添う目的から、より普遍的なレイヤーへのアプローチを続けています。

例えば、行政におけるデジタル化はすでに国策として進められており、私たちも自治体DXに対応したソリューションを提供しています。
デジタル・ガバメントの骨子の一つである、マイナンバー基盤における厳格な本人確認システムをはじめ、各種の行政手続きや業務効率化を実現しています。
また、シティエンゲージメントを見据えた、ICTによる合意形成プラットフォームもそのひとつでしょう。
これはただデジタルで制御されたシステムではありません。生活者による生活者のための意見交換や議論を行うフォーラムでもあり、意思決定や合意がされるアリーナでもあり、なによりコミュニケーションの場でもあります。

このような在り方を「スマートソサエティ」として、より有機的で本質的な街づくりを目指すのが、私たちSmart Society Centerです。
課題の発掘から解決、ひいては社会における新しい仕組みや価値観を創造します。

HISTORY 沿 革

2021
スマートソサエティセンター設立
2020
合意形成プラットフォーム “Decidim” 実証実験開始
2019
地域貢献活動をアプリでスコア化 “AYA SCORE” 実証実験開始
2018
訪日外国人向けガイドマッチング 実証実験開始
2013
ソーシャルシティ・プラットフォーム “+fooop!” 提供開始 *グランフロント大阪導入
ページ最上部へ移動する