SOLUTIONS ソリューション紹介

脱炭素DX

脱炭素型の地域づくりソリューション”ClimateView”

ClimateView社のClimateOS提供を通じ、実効性の⾼い脱炭素型地域づくりをひとつのプラットフォームにより⽀援します。

脱炭素型の地域づくりのための実効性を⾼めるには、部⾨‧分野別の現状‧課題だけではなく成⻑につなが
る機会を捉え、地域にとって最適な施策とは何かを⾃治体だけではなく関係事業者や住⺠と⼀緒に考える、
あるいは意思決定することが重要です。
ClimateOSを活⽤すると、さまざまな施策を包括的にひとつの計画としてまとめること、必要なコストと投
資対効果を⾒極めること、そして実施状況のモニタリングをひとつのプラットフォームで⾏え、実効性のあ
る脱炭素型の地域づくりにつながります。

■インパクト‧インテリジェンス

地域の脱炭素化に向けた取り組みの障害となっているのは、課題が複雑であること、さまざまな部⾨‧分野
における関係事業者と⼀体となった移⾏シナリオ(施策‧取り組み)が必要なこと、そして移⾏のためのコ
ストの問題です。ClimateOSは、脱炭素型の地域づくりのビジネスケース(ニーズ、⽬的、計画、コスト、
そして効果といった事業⽬論⾒)をひとつのプラットフォームでモデル化することで、地域づくりをサポー
トします。
地域全体で、さまざまな移⾏シナリオの相互関係、トレードオフ、⽬標との差異、そして社会課題解決の機
会を判断しながら、最適な戦略に基づきリソースを集中させること、つまりインパクト‧インテリジェンスを実現します。これにより、実効性の⾼い脱炭素型の地域づくり計画を策定でき、また投資の呼び込みにつながります。

■ClimateOSサービスの概要

【移⾏エレメントによるデジタルツインモデル】
地域の社会経済活動や⽣活スタイルに基づく排出を個々の活動単位で捉え、排出量の多い活動から少ない活
動へ移⾏させる施策を移⾏エレメントとして表現、さらに、地域におけるすべての活動をひとつのデジタル
ツインモデルを構築します。デジタツインモデルにより、社会経済活動や⽣活スタイルのニーズ‧欲求を満
たしつつ、どのように排出量の少ない活動へ移⾏できるかを検討することができます。

【デジタルロードマップ】
最終的な脱炭素型の地域づくりの実⾏計画を、地域の事業者と住⺠にデジタルロードマップとしてビジュア
ルでわかりやすくWeb上で情報発信することで、地域の事業者‧住⺠の⾏動変容を促します。

スウェーデン ClimateView社について

ClimateOSは、CO2排出量が世界で最も少ない国として注⽬されるスウェーデンが、2045年までにネットゼ
ロを達成する意向を世界に先駆けて2017年に表明した際、地球温暖化対策の策定と実⾏をデジタルで⽀援す
るプラットフォームを開発したClimateView社が⼿掛けるクラウドサービスです。
スウェーデンのNet Zero 2045 温暖化対策計画は、下記から誰でも参照できるデジタルロードマップ
Panorama powered by ClimateOS)として公開されています。

よく見られているソリューション

よく見られている事例

ページ最上部へ移動する